どう備えていいのかわからないケースが多い」と話す
最近1年で不安を感じた事件・事故(複数回答)では

地球社会が直面する、多くの困難に向けて

「人類の未来と幸福のために、何を研究すべきかを研究する」ことを基本理念に、様々な諸課題に対する根源的な研究を行っています。

詳細はこちら
熊本市動植物園への来場を呼びかけるくまモン=左京区の京都市動物園 特設ページ国際高等研究所てどんなところ?

人類の未来と幸福のために、
何を研究すべきかを研究する。

川本ポンプ 強化樹脂製汚水・汚物水中ポンプ WUO形 60Hz 自動交互内蔵型 着脱タイプ WUO-806-2.2LNG | 川本製作所 水中ポンプ 排水ポンプ 揚水ポンプ 汚水ポンプ 汚水槽 川本 汚水 浄化槽 揚水 雑排水 水中 単独浄化槽 合併浄化槽 雑用水 ドレン 汚物ポンプ 雑排水ポンプ

日本から、高等研から世界へ、 「気づき」 を発信する

高等研では人類社会が直面する諸課題の発見から解決にむけてさまざまな研究を進めています。
これらの研究活動の成果はシンポジウムやフォーラム、報告書などを通して社会へ発信します。

けいはんな哲学カフェ 「ゲーテの会」

満月の夜は国際高等研究所で、人類の未来と幸福・けいはんな学研都市の将来について一緒に考えてみませんか。

詳細はこちら

IIAS塾ジュニアセミナー

次代を拓くため、人間力の基礎をなす哲学(理性・感性)によって鍛えられた次世代を担う人材育成のためのセミナーを行っています。

詳細はこちら

けいはんな 「エジソンの会」

国際高等研究所は、けいはんな学研都市における研究や開発の知的ハブとしての役割を果たしています。
エジソンの会の活動をとおして、立地機関間の連携をはかり、オープンイノベーションの創出を促進します。

エレポン カッター付汚物水中ポンプ SFII形 60Hz SFII-154H | 水中ポンプ 排水ポンプ 揚水ポンプ 汚水ポンプ 汚水槽 排水槽 汚水 排水 浄化槽 揚水 汲み上げ 残水 雑排水 井戸水 揚程 水中 送水ポンプ 汚物ポンプ 雑用水 雑排水ポンプ ノンクロッグタイプ 地下水
背負ったまま避難先まで歩けるか事前に試しておく

ひらめき、癒し、思索と交流を
創発させる 「智の伽藍」

豊かな自然環境と落ち着いた建物が融合し、日本特有の風土・文化と繊細な感性を活かした静謐な研究環境は、
研究者たちの英知や発想を創発させます。

エレポン 汚水・汚物水中ポンプ KWII形 50Hz KWII-73 | 水中ポンプ 排水ポンプ 揚水ポンプ 汚水ポンプ 汚水槽 排水槽 汚水 排水 浄化槽 揚水 汲み上げ 残水 雑排水 井戸水 揚程 水中 送水ポンプ 汚物ポンプ 雑用水 雑排水ポンプ ノンクロッグタイプ 地下水
熊本市動植物園への来場を呼びかけるくまモン=左京区の京都市動物園
最近1年で不安を感じた事件・事故(複数回答)では
どう備えていいのかわからないケースが多い」と話す

Newsエバラポンプ DVA型 固形物移送用ボルテックス水中ポンプ 50Hz 50DVA51.5A | 水中ポンプ 排水ポンプ 揚水ポンプ 汚水ポンプ 汚水 排水 浄化槽 雑排水 雑用水 汚物ポンプ 雑排水ポンプ 水中ハイスピンポンプ 汚水用水中ポンプ 移送ポンプ 荏原ポンプ 荏原製作所

お知らせ
エバラポンプ DVJ型 固形物移送用ボルテックス水中ポンプ 50Hz 80DVJ51.5A | 水中ポンプ 排水ポンプ 揚水ポンプ 汚水ポンプ 汚水 排水 浄化槽 雑排水 雑用水 汚物ポンプ 雑排水ポンプ 水中ハイスピンポンプ 汚水用水中ポンプ 移送ポンプ 荏原ポンプ 荏原製作所
イベント
けいはんな「エジソンの会」第34回会合()を開催します
イベント
第77回けいはんな「ゲーテの会」()を開催します
お知らせ
柏原康夫高等研評議員に旭日中綬章
お知らせ
佐和 隆光 高等研副所長に瑞宝重光章
イベント
高校生、大学生を対象としたIIAS塾ジュニアセミナー(~30日)を開催します
イベント
川本ポンプ チタン製水中ポンプ WUZ形 60Hz WUZ2-656-2.2 | 川本製作所 排水ポンプ 揚水ポンプ 汚水ポンプ 汚水槽 排水槽 ボルテックス 川本 汚水 排水 浄化槽 揚水 雑排水 水中 送水ポンプ 雑用水 ドレン 汚物ポンプ 雑排水ポンプ 海水ポンプ 移送ポンプ 排水処理
  • 基幹プログラム
  • アニュアルレポート

国際高等研究所 公式facebook

背負ったまま避難先まで歩けるか事前に試しておく

国や組織、分野を超えた、コラボレーション。

国際高等研究所は設立以来、「人類の未来と幸福のために、何を研究すべきかを研究する」ことを基本理念に、持続可能社会の実現に向けて、さまざまな研究活動を実施し、解決策を考え、研究成果を広く世界に発信し、社会に問いかけていきます。

研究活動ページへ
どう備えていいのかわからないケースが多い」と話す

交流・広報活動

「社会とのつながり」をキーワードに、国際高等研究所の研究活動を基軸とする研究成果や知的資源などを積極的に社会に発信・還元し、それらが社会で活用されるような事業、そして社会的な要請やニーズに対して適切に対応できる事業を企画・運営する活動を展開しています。これらの活動を通して、産・官・公・民のネットワーク構築を図り、国際高等研究所がけいはんな学研都市における政策立案や、共同プロジェクトの推進などに貢献することで、けいはんな学研都市の中核機関として知的ハブ機能の役割を果たしています。

けいはんな哲学カフェ「ゲーテの会」

けいはんな哲学カフェ「ゲーテの会」

「日本の未来を拓くよすが(拠)を求めて」をテーマに、日本の近代化を導いた偉人の思想、行動の光と影を追う企画を展開しています。

詳細はこちら

けいはんな「エジソンの会」

けいはんな「エジソンの会」

けいはんな学研都市における立地機関の研究者や技術者のコミュニティを形成し、具体的な「オープンイノベーション」成功事例の確立を目指しています。

詳細はこちら
東京都健康長寿医療センター研究所の涌井智子研究員は「高齢者は不安があっても

高等研ライブラリー

高等研ライブラリー

アニュアルレポート、研究活動報告、メディア掲載情報などを紹介。

詳細はこちら

その他の交流活動

国際高等研究所が賛同し、事業推進をサポートする交流活動などを紹介。

詳細はこちら

東京都健康長寿医療センター研究所の涌井智子研究員は「高齢者は不安があっても
どう備えていいのかわからないケースが多い」と話す
公益財団法人 国際高等研究所
〒619-0225 京都府木津川市木津川台9丁目3番地
TEL:00 / FAX:05